導入システム: CMS 「 高槻市 公式ホームページ 」

高槻市役所広報広聴課の担当者

今回お話くださったのは、ホームページの更新作業を行っている高槻市役所広報広聴課のおふたり。

課題はタグ打ちによる膨大なサイト更新業務とページの管理

リニューアルをする前は、担当者がタグを直打ちしてページを更新していました。サイト全体のページ数も膨大で、ページごとの公開期間の管理などに大変苦労をしていました。また、ページの更新を部署ごとの担当者に任せていたため、ページデザインにはばらつきがあり、サイト全体のデザインも統一されておらず、更新頻度やボリュームにも差がありました。迅速に正確に情報を発信すべき自治体という公の立場のサイトとして、そろそろサイトのリニューアルを、と考えてはじめた時に出会ったのがスマートバリューの「いくくるウェブ」でした。

 

安心感で選んだASPでのサイトリニューアル
同社の豊富な導入実績も、決め手のひとつ

高槻市役所広報広聴課の担当者

当時から新しいサイトはランニングコストとサーバ管理の安全性を考えると、断然ASP!と考えていました。CMSの選定においても、スマートバリューの「いくくるウェブ」は、公共自治体への導入実績が多く、導入をお任せする上で非常に大きな安心材料になったことと、コスト面が導入にあたってのポイントとなり、同システムを提案した事業者様と契約することになりました。

デザインの統一、運用面での作業軽減、
アクセシビリティ改善…。
導入後は作る人にも見る人にも、より使いやすいサイトに。

これまでネックになっていた数々の問題が、導入後は解消。まずは、レイアウトにばらつきがあったサイトに生まれたデザインの統一感。そして、ユーザーが必要な情報を素早く見つけられるユーザビリティや、誰にでもやさしいサイトである為のアクセシビリティも改善。以前はページの構成が「分かりづらい」というお声をよく頂いていたのですが、今回のリニューアルでは、その類いのご意見はほとんど頂きませんでした。

特に“見やすさ・探しやすさ”の改善というところでは、新たに引っ越しに関する手続きを簡単に検索ができる「転入・転出ナビ」を導入しました。市営バスの時刻表では、要望の多かった「バスの時刻表の印刷用ページ」を新設。アクセス数の多いページとなっています。

また、管理者側にとっても嬉しいこと続き。これまで通常半日、情報が多い時には丸一日掛かりっきりだったタグ打ちと更新ファイルのアップロード作業がなくなったことで、更新業務を2時間程度に圧縮することが出来ました。以前なら何度も更新方法を聞きにきていた各部署の担当者も、一度伝えると比較的スムーズに更新作業ができるようになったと思います。テンプレートがあり、決まったフローで作成すればページが作れる環境なので、担当者の作成に対する負担感は減ったと思います。

CMS操作の様子

シンプルな管理画面なので、パソコンの操作が苦手な部署の方も、入力が楽に。

“一緒に”作っている実感が管理者にとっての安心感に

「こんなことを考えているんですが・・・」「こんなコトって出来るんですか?」と、いつも私たちの希望を気軽に伝えています。それに対してスマートバリューさんは、技術面での解決法をわかりやすく提案してくれる。サイト構築の時も、更新した後も、変わらないのは、「一緒に作っている」という感覚です。毎回打合せの際は「今日はどんなアイディアが出てくるんだろう?!」と楽しみな程。

またシステムのバージョンアップも「こうなったら良いな」と希望していたバージョンアップをしてくださるところも満足しています。これからもサイトとSNSを連携したり、新しい市の情報発信の形を考えたり、いろいろトライしていきたいことが山積みなので、引き続き“一緒に”、いいサイトを作っていきたいと思っています。今後もスマートバリューさんに期待しています。

全国広報コンクールの賞状

リニューアル後、全国広報コンクールのウェブサイト市部門でも入選。

高槻市様について

高槻市様は、大阪府の北部、北摂にある人口約36万人の中核市です。JRと阪急電鉄の2路線が通り、大阪・京都の両都市へのアクセスが20分以内と、利便性の高い街の中心部には、賑わいがある一方、豊かな自然や歴史遺産も多く残る様々な魅力あふれる街です。

(補足)
いくくるウェブは、SMART CMSの前身のシステムです。